タオ(TAO)をテーマにしたインスタレーション, 村松画廊の個展より

2018年5月22日

四半世紀前の一九九三年五月は今はもう存在していない東京、銀座の村松画廊で個展を開催していて、二十二日の今日はその最終日だった。村松画廊は銀座にある現代アートのギャラリーの中でも長い歴史とそれなりの品格のようなものが漂っていて、それ故かもしれないが何度か開催したこの画廊での個展には私がとても尊敬していた著名な日本画家の近藤弘明さんや現代美術家の榎倉康二さん、また他にテレビディレクター時代の伊藤輝夫さん(テリー伊藤)などは個展の開催に合わせ大きな花束を送ってから画廊を訪れてくれたこともあった。
そして一九九三年五月に開催した村松画廊での個展には、私の大学院時代の教授だった大沼映夫さんや、当時の私が最も憧れていた著名な現代美術家の一人李禹煥氏が偶然訪れてくれるという予期せぬ出来事もあった。大沼映夫さんのほうは私のほうから個展のDMはがきを送ってあったので他の用事のついでながらもわざわざ立ち寄ってくれたようだが、李禹煥氏のほうはまったくの偶然の出会いだった。そして私の憶測では、村松画廊の入ったビルの一階には同じ現代アートのギャラリーとしてよく知られていた鎌倉画廊(現在は鎌倉市鎌倉山に移転されているそうです)があって、ここでは李禹煥氏の常設の作品展示や企画展などもよく開催されていたので、李さんがこの画廊を訪れた際、二階の村松画廊で開催していた私のDMはがきが貼られた看板をたまたま見かけ興味を持って二階まで登ってきてくれたのではないかと感じているのだ。そのDMはがきに印刷されていた小さなインスタレーション作品の写真は、李さんが著書の中でも紹介している関根伸夫さんの位相大地というタイトルの作品や私がその当時から強い関心を持っていた道教のタオ(TAO)からのインスピレーションを得た作品だったのだ。(続く)

公開日 2018年5月22日 火曜日

画家のノート コラム・エッセイ